単語帳アプリに多言語発音機能を追加してみました!

簡単に単語暗記用のカードが作れるアプリ。使い方の続編です。

今回は英・中・韓国語以外の言語の学習者にもオススメの発音機能についてです。
学習者の少ない言語を勉強してると、教材やいいアプリがなくて残念なことが多いですが、このアプリは多機能・多言語対応♫ 求めている人の元に届くといいなあ!

プッシュ単語帳 – フラッシュカード 2.0
分類: 教育
価格: ¥500 (Backpackr Inc.)

気になっていたTTS機能を100円で購入してみました。

発音のみを聞いて日本語の意味を答えたりできるようになり、より多面的にボキャビルできます!これは思ったより便利かも。

綴りを見ずに、発音を聞いて日本語の意味を答えるパターン。
上段カードの右下の発音ボタンを押すと、単語の発音が再生されます。

20140119-193855.jpg

指ボタンを押すと外国語(ここでは英語)・下段の指ボタンを押すと日本語訳が現れ、画面から指を離すとまた隠れる設定にしました。

こうして、何も見ないで発音を聞いて…

20140119-185659.jpg

下段のカードで答えを見る。

20140119-185715.jpg

ここでは中国語の発音記号も一緒に確認できるようにしてます。
中国語は漢字があるぶん、つい目からの情報に頼りすぎてしまうので、こうした文字に頼らない耳からのボキャビルはすごく大事です。

他には、「日本語訳を表示させておいて、瞬間英作文をしつつ、わからない時はヒントで発音を聞く」という出題方法も設定できます。単語だけでなく例文のカードも使えます。

ということで、Duo 3.0の例文はこの方法で回してみます。
下の画像、フォントサイズが大きいですが、設定から調節可能です。

20140119-185747.jpg

TTSとレイアウトの設定方法は右上の歯車ボタンからです。TTS機能の購入も、この設定から可能です。

20140119-193904.jpg

20140119-193914.jpg

まずはTTS設定から。この設定画面から購入したのですが、購入時の画面を保存しておくのを忘れてました。購入後は、このような設定画面が表示されます。

20140119-185808.jpg

英語はアメリカ、イギリス、オーストラリア発音に加え、英米は男声女声が選べます。
他にも中国語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語・ポルトガル語・ハンガリー語にフィンランド語・デンマーク語・スウェーデン語・韓国語・トルコ語・ロシア語・フランス語に日本語…まだまだあります。
中国語は大陸・台湾・香港に分かれています。フランス語もカナダバージョンも含まれていたり、すごいバリエーション。

学習アプリの種類が少ない、英語以外の学習者には助かりそうです。
学習素材は自分で準備しないといけませんが、準備が他のアプリに比べて断然簡単。
その言語のオンライン辞書があれば、カードの裏、日本語訳を準備する必要もありません。各国語のオンライン辞書、日本語対応のものは少ないですが、英語であれば見つかりそうですね。

カードの表示は日本語・再生させる音声は外国語という設定は「レイアウト設定」から可能です。

上段部分に「テキスト2(ここでは日本語訳)」を表示させ、「サウンド1(テキスト1に登録されている後の発音)」を鳴らす設定です。下段部分には「テキスト1(英文)」を表示させるようにしています。

20140119-185817.jpg

20140119-185825.jpg

TTSの発音設定やレイアウトなどの設定・連携するオンライン辞書の種類は、カードセットごとにそれぞれ指定できるので、複数の言語の暗記カードをストックして、ストレスなく使うことができます。

説明がヘタでややこしく感じるかもしれませんが、実際使ってみればそれほど難しくはないと思います。

単語カードを使っての勉強は、視覚だけに頼りがちになりますが、これだと耳で聞いて意味がわかるかどうかもテストできます。知っているけど聞き取れない単語をつぶしていけそうです!

便利なのでぜひ試してみてくださいね♫

iPod touchは私のパートナーです♡

スポンサーリンク

「単語帳アプリに多言語発音機能を追加してみました!」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です