まいにちハングル

ラジオ講座、聞いています。が、聞き取れない~!
テキストを見ながら聞くと、知らない言葉じゃないはずなのに、しっかり身になっていない語句がひとまとまりになってどばーっと入ってくるため、消化不良を起こしてしまってるようです。完璧にやろうとすると、一日にラジオ講座に割くと決めた時間を軽くオーバーしてしまうので、ついていくのが無理だから今回のはやめてしまおうかと思いました…が、すっかり習慣づいてしまっているのに、あっさりやめるのはもったいない…。
とにかく決まった時間に聞いて、復習は語句を確認する(プラス、ピッチを書き込む)だけでもいいので、続けていくことにしました。幸い、わからないながらも聞いていると、金曜日の内容が比較的負荷が軽くなっているようで、金曜のレッスンはわりと楽しいです。
前期のレッスンは、とりあえず放送を聞けばテキストを見なくても文の構造が大体わかって、音読にもとりかかりやすかったのです。ですが今回は、文の構造も複雑になっている上に、前期と比べて音読練習のための時間が省略されているんですよね…。ポーズなど機器を操作する必要なく音読できるのがとても便利だったので、今まで徒歩通勤の時間にしっかり音読できていたのが、ちょっと難しくなってしまいました。
データが残っている前期のスキットにじっくり取り組むのがいいかもしれません。今期のは将来再放送があることを願って、さらっと取り組むことにします。
韓国語発音ガイド」の練習問題、子音のㄷ・ㄸ・ㅌのところまで。平音・濃音・激音の違いを各子音ごとにこれでもかっとトレーニングしてくれるので、やったところまでの音の違いが、ラジオ講座を聞いていてよくわかります。でもやっぱり、語頭の濃音の聞き分けはまだまだ難しいです…
あと、やっているテキストはカナタ初級2。本文は短いのですが、練習問題が多い上、ワークブックもあるので、1課にかかる時間が多すぎるのか、だれ気味です。ちょっと進め方を変えてみようと思っています。
以前記事に書いたのですが、イヤフォンをインナーイヤータイプに替えてから、電車の中での学習が快適になりました。雑音をシャットアウトしてくれるので、小さな音量でもよく聞こえます。
このタイプでもう一つよかったことがあります。それは、歩きながら口パクで音読するとき、タッチノイズとして勢いよく吐く息の音が際立って聞こえるので、有気音と無気音の区別がつきやすいのです。中国語も韓国語も、この違いで意味も変わってくるので、注意しながら口パク音読をやっています。
しかし、「まいにちハングル」のドラマ、無理がありますね~!ミサトさん、あれだけペラペラ喋れるんなら、ホテルまでの道のりはその辺歩いてる人に聞いてちょうだい!でもそんな、無理な設定と都合よすぎる展開が、韓ドラらしくていいのかしら?
つっこみを入れながらも、結構楽しく聞いています。

スポンサーリンク

「まいにちハングル」への5件のフィードバック

  1. 今月の「まいにちハングル」は、あれ懐かしや冬ソナのパロディなんですね。北斗七星のペンダント…(笑)
    今日は土曜日、一週分聞き流してます。
    週末の伝票係はわたしにはお手上げです。

  2. >rororoさん
    そうですよね、韓ドラにうとい私ですが、「北斗七星」はなんとなく元ネタがわかりました…(笑)
    伝票係、私の場合は日本語でも無理かもしれません。

  3. はじめまして。봉은선(奉恩善)ともうします。YahooJAPANで「五星大飯店」を検索してこのブログを知ってました。普通にはコメントを書いてませんけど、Marieさんのブログを見て、すごいな~~~と思って、行って来た痕跡を残したいんですね^^私も日本語学習をもっと頑張ろうと思いますね。(中国語はまったく分かりません)

  4. あっ!このサイトでハングルは使えないですね。。。ハングルで名前を書いたのに。。。アルファベットでは「Bong Eun Sun」です。

  5. >nyaoさん
    コメントありがとうございます!
    私も早速nyaoさんのブログにお邪魔してコメントしようと思ったのですが、ログインしないといけないんですね~
    よかったらメールアドレスを教えて下さい!いろいろお話しましょう~
    私のメールアドレスはmarie_100
    (@)
    excite.co.jp
    です。
    ()は外してくださいね(わかるかな?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です