使用予定教材【英語上達完全マップ】



夜中&通勤中のやり直し英語。これまで英語といえば暗記という考え方から離れられずにいた私にとって、筋トレ的な繰り返し音読学習法はとても新鮮。楽しく続けられています。この英語熱が少し落ち着いたら、中国語・韓国語学習にも取り入れてみようと思います。
「英語上達完全マップ」に沿ってきちんと学習記録をつけている方こちらも)がいらっしゃり、大変参考になります。
音読で英語を身体に叩き込んでいくのに、変な発音では大変と、まずは発音トレーニングに専念してきました。自分の声を録音で聞いて、問題点がざっとつかめたように思います(細かいところはきりがないのであくまで「ざっと」)。
これからは音読を80~100回繰り返し、英語回路を自分の中に構築していきます。
使用するテキストについては、随分悩みました。
まずは発音。どの本にも長所と短所があるので、2冊を併用することにしました。
★毎日の発音トレーニング用(CDが好みなので)
フォニックス“発音”トレーニングBook (アスカカルチャー)
フォニックス“発音”トレーニングBook (アスカカルチャー)
★定期的な発音チェック用(問題が豊富なので)
英語のリスニングは発音力で決まる!―UDA式30音練習帳
英語のリスニングは発音力で決まる!―UDA式30音練習帳
★参考(音読用文章に書き込むイントネーションの記号はこれを採用)
英語舌のつくり方 ――じつはネイティブはこう発音していた! (CD book)
英語舌のつくり方 ――じつはネイティブはこう発音していた! (CD book)
続いて音読パッケージ用テキスト。悩んだ結果、
「英語口 英文法ができると英会話ができる」シリーズから始めることにしました。
英語口 英文法ができると英会話ができる 初級編〈1〉 英語口 英文法ができると英会話ができる 初級編〈2〉 英語口 英文法ができると英会話ができる 中級編1 英語口 英文法ができると英会話ができる 中級編2
本当は、「英語上達完全マップ」には、一つの文章が意味のあるまとまりの方がいいとあったのですが、音声教材を作り直す(英文一区切りの後にポーズを切る)手間を省きたかったので、こちらを選択。1つの文法事項ごとに短文がいくつか。CDは日本語→英語。日・英の間に少しポーズがあるので、それを利用してリピーティング。
1課がある状況下の会話で構成され、しかも文法事項順に進んでいくという(ポーズもそれなりにある)、うってつけの教材が実は手元にあったのです。
(これ↓)
音読で英文法をモノにする本 (英会話・音読マスターシリーズ)
音読で英文法をモノにする本 (英会話・音読マスターシリーズ)
ですが、上記「英語口」は、もうひとつのトレーニングである「瞬間英作文」も同時進行できるので、しばらくは「英語口」にしぼって学習を進めることにしました。本来は2種のトレーニングを同時に進めるのがいいんでしょうが、虻蜂取らずになりそうな予感がするのです…
まずは「英語口」1冊を使用してしっかり何度もサイクルをまわせたら、次の音読パッケージは上記テキスト、瞬間英作文は下記のテキストを使っていきたいと思います。
★瞬間英作文用テキスト(今後の予定)
どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)
どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)
スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング
スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング
現在やっている「英語口」は、数日試してみて、少し自分流にアレンジして、以下の方法でいくことにしました。
まず、テキストの日本語のみを見て瞬間英作文します。その後英文を見て、意味を理解し、発音やイントネーションをチェック。自分の発音も録音して聞いてみて、できるだけCDの発音に近づけるように修正します(この作業はかなり先の方まであらかじめ済ませてあります)。
で、携帯プレーヤーにCDまるごと放り込んで、5課ごとプレイリストに入れたものをひたすらリピートして聞く。1課が40~50秒×5。
ちゃんと数えてはいないんですが、一体どれくらい聞いているんでしょう。
通勤時間が往復で50分くらいなので、約50回聞いていることになります。声に出せるのは半分くらいでしょうか。子供の寝かしつけ、寝入るまでの添い寝中にも聞いているので、そこで20回くらい。(計70回くらいか…もっと多いかと思いましたが、そのくらいなんですね。レベルが上がっていくと、もっと回数を増やさないと定着率がガクンと下がりそうです。)
次の日聞いて、すぐに口から出なかったものが1つでもあった課はそのままプレイリストに残し、全部できたものは新しい課と入替。
しばらく進んだところでこれまでやったところを総ざらい。1つでもできなかったらまたプレイリストへ。
最後まで終わったらもう一度最初から、の予定です。
ああ、韓国語もこの方法で最初からやってりゃ近道だっただろうにな…
またモチベーションが上がってきました。

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. rororo より:

    すごい…仕事も育児もこなしつつ、どうすればこんな密度でトレーニングできるのですか? 
    刺激をいただくより何より、真底脱帽でございます。

  2. Marie より:

    >rororoさん
    何をおっしゃいますやら、rororoさんの読書量に私も脱帽しています~。
    時間は主に、家事と睡眠時間をけずってつくっています。
    いいことなのかどうなのか、私あまり寝なくても平気なタイプのようで。

  3. Shira より:

    なんというか、教材の活かしかたにセンスを感じます~。

  4. Marie より:

    >Shiraさん
    Shiraさんに褒められると嬉しい~♪