フォニックス練習の成果?



英語の発音練習は続いています。
中国語の発音についても改めて考えさせられることも多く、とても楽しく学習しています。
フォニックスのトレーニングで母音はもちろん子音の発音に注意を払うようになり、その効果か、これまでずっと聞いているVOAのspecialEnglishの聞こえ方が変わってきました。
例えると、これまでは主旋律しか聞こえていなかったものが、頭の中に2段の五線譜が浮かぶようになってきた、という感じです。
五線譜の上は母音中心の高音メロディ、下段は打楽器系の子音の息の音(摩擦音や破裂音など)。
英語の発音において、日本語に比べて子音の存在感がとても大きいことを実感します。
この下段のパーカッションの重要性に気づかず、メロディラインだけ単調に発音するのが日本人の発音の特長なのかもしれません。そこを直すだけでかなり違ってくるような気がします。
とはいえ、自分で発音してみると、単語レベルならまあまあ、文章になるとてきめんダメダメになってしまいます。日々のトレーニングあるのみ、なんでしょうね。がんばります。

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. Shira より:

    ふふふ。
    発音の学習、2杯目はおいしいでしょ?

  2. 匿名 より:

    >Shiraさん
    おいしいったら。
    楽しくって時間を忘れちゃいます♪