蝴蝶飛



楽しみにしていた李冰冰の「蝴蝶飛」、やっと見終わりました。周渝民、ヴィック・チョウってF4の人なのね、と後で検索してようやく知るほどの華流に疎い私です。チュートリアルの徳井くん(大好き)に見えてしかたありませんでした。
ストーリーは、他愛ない口喧嘩が発端で交通事故に遭い、李冰冰は一命を取り留めたものの、恋人の周渝民は命を落としてしまう。その後、彼の幻覚を見てしまう李冰冰は薬に頼った不安定な精神状態のまま。事故から3年後、弁護士事務所のアシスタントとして働いている李冰冰のもとに、死んだはずの彼が再び現れて…
他にも周渝民の父親だったりクライアントのチンピラくんだったり元カノだったり出てくるんだけれど、どうもその伏線が中途半端でちゃんと活かせていなかったような。
でもまあ私のお目当ては李冰冰。全体的に思いつめた表情が多い作品だけれど、彼女のよさがよく出ている気がします。髪を切ったら宮沢りえちゃんによく似ているのね。

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク