「似水年華~歳月水のごとく」

「聴く中国語」「読む中国語世界」の日中通信社、最近がんばっています。
朱旭にレネ・リウと、キャストも豪華なドラマ「似水年華~歳月水のごとく」のDVDをセリフ完全対訳で。おもしろそう~。DVDは、中国のネットショップではもう取り扱っていないようなので、ただいま購入検討中。ちょっと高い…

似水年華~歳月、水のごとく

日中セリフ完全対訳付のDVD&シナリオブック

美しい鳥領と台北という対照的な町を舞台とした「似水年華~歳月水のごとく」
物語は、朝霞がたちこめる鳥領の水路から始まる。一般の無人の小船が音もなく水面を滑っていく。あたかも言葉にならぬ物語を運んでいるかのように。町の名は、鳥領、歴史ある立志書院は、今は古籍の図書館になっている。文と斉おじさんは、鳥領の歴史ある書院で共に蔵書の修復をしている。太陽が昇り書院の大門が開かれると、いつも通りの静かな日常が始まるのだった。そんなある日、町に台湾から有名なファッションデザイナー英が率いる撮影チームがやってきた。書院の庭はスタッフの休憩所となり、にわかに活気付く。書院の古いたたずまいに深い感動を覚える英。翌朝、一人で書院を訪れた英が書棚から本を引き抜くと、向こう側に文が立っていた。その瞬間、まるで時が止まったかのように2人は見つめあう。追憶の愛がここから始まるのだ。

さらにもうひとつ、

「別冊聴く中国語」
の最新号もかなりおもしろい。

聞く小学生の中国語(4・5年生)
小学生の中国語なんて、と思っている方、中国の小学生の「国語」は、日本人にとってなかなか手強い内容です。正しい語法から必読の単語、中国語を学習するうえで大切な教養や価値観を理解することができます。

書店で「聴く中国語」の最新号↓も立ち読みしたら、今月号からリニューアルされていました。
なかなか趣向が凝らされているので、かなり久々に購入。
HSK高級のリスニング模試なんかもあって、中~上級者のこともよく考えてあるつくりになっている気がします。「中国語ジャーナル」もじっくり見てみましたが、やはり今回は「聴く中国語」の方がコスパがよさそう。
しかもよく利用するDVDレンタルもやってる書店での購入、かなりポイントがたまっていたので、ポイントのみでゲット。ちょっと嬉しい。

聴く中国語 2008年 03月号 [雑誌]
教材のバラエティが豊かになっていくのは学習者にとって喜ばしいこと。
こうしてどんどん上質で興味深い学習書が世に出てくるといいな。
関係ないけどついでにこれも。

いつでも野菜を (オレンジページブックス)

スポンサーリンク

「「似水年華~歳月水のごとく」」への2件のフィードバック

  1. Marieさん、こんにちは。
    1冊仕上げる!でも走り続けているのに、他の教材にも手を伸ばすその果敢な姿勢に脱帽です~。 ^_^v すごい!
    早速↑『聴く』の最新号GETしました~。先月号から声を吹き込んでいる女性が変わり、前の黄鶴さんが抑揚もありかわいい声だったのに対して、新しい人えらく無愛想~な印象でしたが(失礼)、今月号かなり改善されて、がんばってらっしゃいます(笑)。Marieさんの言われるとおり、内容も充実しているし、以前のインタビューなどの臨場感を通り越した技術的な音の悪さもなくなって日中通信社、頑張ってますね~♪ うれしいことです。

  2. >にゃじゃらさん
    こんにちは!1冊仕上げる!のプレッシャーに耐えかねて、現実逃避しています。とほほ…
    実際に買った教材は「聴く中国語」の今月号だけなんですけどね。昨夜CDを聞いてみたんですが、確かにインタビューは改善されてますね。でも「中国語ジャーナル」と比べると少し見劣りするかな。
    まだ最初のあたりしか聞いていないのですが、このところ買うのは「読む中国語世界」の方ばかりだったので、速度がゆっくりで少し物足りない感じです。
    でもまあ、こうして競合誌が存在して、がんばってくれるのは嬉しいことですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です