五星大飯店のロケ地は



「五星大飯店」、昨日は第4話を見ました。
小説の方がだいぶ進んでいるので、ドラマ鑑賞にも気持ちに余裕を持って挑めます(笑)
このドラマのことばかりかいてますが、正直このくらいしか中国語学習してません…。
以前は「ドラマはおもしろいのないし」なんて思いながら中文読書にいそしんでましたが、最近はすっかりドラマ三昧…。机についてノート開いて鉛筆持って、という勉強がなかなか時間的に難しいので、しばらくは焦らず、ドラマ中心でいいかな…と思っています。受けたい試験も近くに会場がなく遠出することになりそうなので、子供が大きくなるまでは試験への挑戦を見送ります。まあ、試験を目的にしてしまうと本末転倒にもなりかねないんです、私の場合。
で、ドラマの話。私の大好きな曹曦文(「搭錯車・歌声天高く」の小五)がようやく出てきました。小五役に比べると、かなり大人っぽい落ち着いた役です。
どうやら玉龍はモテモテの役柄のようですが、どうも私の好みとは少し違うようなので、のめりこめず残念。ひょろひょろ頼りない風情なのに、出会う女の子の目がみんなハートになっています。
主人公の玉龍は、ようやく五星飯店で働きはじめました。(これくらいは言っても構いませんよね?)そのホテルのゴージャスで、きらびやかなこと!!
以前の旅行では、外国人であることをいいことに、埃だらけの汚い格好で高級ホテルのロビーで休憩させてもらったりしていましたが、今じゃもう無理かもしれませんね。
出張でのホテル利用は、取引先にコネがあるのかいいホテルに安く泊まらせてもらっていましたが、中国のホテルはとにかくでかい!建物もロビーも部屋も、その規模にまず圧倒されます。日本の高級ホテルに(たま~に)行っても、中国のホテルの大きさに目が慣れているので、あまり怖気づかずにすみます。そのかわり、中国ではシングルの部屋がほとんどなく(今はどうなのかな?)ツインやダブルの部屋をシングルユースにしてもらっていたので、日本の普通のビジネスホテルの部屋の狭さがすごく怖かった…閉所恐怖症ではないけれど、壁が迫ってくるような圧迫感を感じました。
というわけで、以前はわりとホテル利用が多かった私が、ドラマを見ていて気になるのがそのロケ地。主人公が暮らす家がある古い町並みや、舞台となる五星飯店は一体どこなんだろう…。
調べてみたらありましたありました。残念ながら彼らの住む古い家はわかりませんでしたが。
五星大飯店は海南の2つのホテルで撮影
北京にある著名な昆侖飯店の総経理、また中国観光ホテル業協会会長でもある海岩にとっては、今回は専門分野への回帰といえる作品となる。美しいシーン満載なのがこのドラマのいちばんの特色であるが、撮影には13もの五星級ホテルが使われた。
「五星大飯店」に登場する銀海市・万乗大酒店は13の高級ホテルの各部分を合わせて作られたものである。外観は上海のグランドハイアット、ロビーは北京の昆侖飯店、客室は海南のソフィテル、地下駐車場は上海の華亭賓館。
ドラマ「五星大飯店」は、中国国内の高級ホテルのショーといっても過言ではない。
ソースはこちら
なるほど~、メインはやはり昆侖ホテルなんですね。今度北京に行くときは、写真を撮りに足を運ぼう♪(泊まろうとは決して言いません)
ちなみに、4話くらいから韓国語が飛び交い始めるので、できるだけ耳を澄まして、韓国語の勉強にも利用してみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. こけし より:

    このドラマ私もハマってます。ホテルをテーマにしたドラマが好きで見始めたのですが、こちらのブログで話題作、且つmarieさんも注目されるようですごく嬉しいです。
    韓国語も勉強になるし、韓国や欧米の人たちが話す中国語もおもしろいです。いったい何の話かまったくあらすじをしらず、真相がわからないままあっという間に15話です。あっ、たまにこのドラマの監督って「24」が好きなんじゃないかと思う点がちらほら。
    気になっていたロケ地がわかってすっきりしました!!13のホテルも使われてたんですね~。豪華だわ。。
    また古い家がわかったら教えてくださいね~。

  2. Marie より:

    >こけしさん
    あっ!今ちょうどこけしさんのところに行ってコメントしてきました!入れ違いだ!
    このドラマ、勝手に盛り上がって毎日のようにブログ記事更新してます。こけしさんも見てらっしゃるんですね♪お仲間一人また発見できて嬉しいです。
    昨日7話の途中まで見たんですが、小説を読み終えたところより先に進んでしまいそうで、泣く泣く中断しました。
    「24」、私も気づきました!!電話の音だけですけど…思わずにやりとしてしまいました。7話より前に他にありました?あったら教えてください~~!7話より後ならまたあとで♪
    玉龍と阿鵬がホテル中かけずりまわるところがありましたよね。あのシーン、13のホテルの寄せ集めなら、撮影が結構手間だっただろうなあ、と思いました。
    古い家、気になるんです。わかったらまた報告します♪

  3. 舟山優士 より:

    24を意識しているところは確かにあると思います。例えば「五星飯店」、「河流如血」では、必ずEpisode○となります。中国でも一番流行しているのはアメリカのドラマみたいですので、意識せざるをえないのでしょう。
    エンディングの微妙さは日本人好みだと思います。むしろ日本人の方が五星飯店の終末を楽しめると思います。わざわざ日本人のためにエンディングを用意する必要はありません。
    玉観音ももう一度くらい撮り直して欲しいです。日本人はああいった救いようのない泥沼が大好きだと思います。私もこう言った展開が大好きなので、海岩の翻訳をしています。

  4. Marie より:

    >舟山優士さん
    ようこそいらっしゃいました。
    玉観音、救いようのないストーリーとご覧になりましたか。
    私はある意味とてつもないハッピーエンドだと思いました。ドラマの途中でこういう結末になることは予測できましたが、伏線の張り方もなかなか高度で、とても楽しめました。
    私も翻訳が好きですが、ストーリーでぐいぐい引っ張っていく海岩作品よりは、人の心の内面を深く掘り下げていくような小説が好みです。
    他にも面白い小説があればぜひ教えてください。