Kindleを買ってから英語の本が読めるようになりました

スポンサーリンク

以前にも書いたことがありますが、トム・クルーズとキャメロン・ディアス主演の映画、「ナイト&デイ」での、トムの台詞が気に入って手帳に書きとめています。

Someday. That’s a dangerous word. It’s really just a code word for “never”.

「いつか洋書がスラスラ読めるように」とずっと思っていました。
学生の頃からアン・タイラーの小説が大好きで、原書を買っては最初の数ページで挫折していました。

いくつかのチャレンジ(絵本の多読・GRの多読・カンニング読書などなど)を経て、去年とうとう、アン・タイラーの新作”The Beginner’s Goodbye”を読み通すことができました。リリース後1ヶ月で読みきれた!しかも4日間という速さで。

私にとって、かなり大きなブレイクスルーでありました。
中国語で余華の「活着」を読み終えたときくらいの感動がありました。
英語の学習時間の方がずいぶん長いので、もっと早くてもよかったはずなのですが、「いつか」と言っているだけではその日はこないのですね。

成功のカギは、なんといってもKindleとの出会いです。

B007OZO03M
Kindle Paperwhite

このブログでも繰り返しよさを訴えているのですが、あらためて書き出してみたいと思います。

1.目にやさしい・読みやすい
ペーパーバックを買って驚くのは、日本の文庫とはずいぶん違う紙質とつぶれてしまった印字の見づらさです。
Kindleを使い始めた後、ペーパーバックをあらためて見てみると、Kindleの読みやすさを実感します。
PCやタブレットなど、光が目に入ってくる画面を長時間見ていると、私は目が乾いたりまぶたが痙攣したりしていたのですが、e-inkの画面は目が疲れず、とても快適に読書ができます。

2.軽い
本を何冊も鞄に入れておくと、重い上に、本が傷んでしまうことがよくあったのですが、Kindleならその悩みもなくなりました。いつでもどこでも、ちょっとした時間に、Kindleにダウンロードしている本を読むことができます。

3.辞書が引ける
英語読書が長続きしたのは、これにつきます。Kindle用の英辞郎を購入して、わからない単語があればピッと画面をタッチするだけで辞書が引けてしまいます。「単語をたくさん覚えてから洋書を読めるようになろう」ではなくて、「洋書を読みながら単語をたくさん覚えて行こう」でいいではないですか。

4.サンプルが無料で読める
読みたい本があれば、サンプルをダウンロードして、どのような話か、読みやすい英語かどうかを確かめることができます。たいてい1章の大部分を無料で読めます。

5.お金を払って買ったら何とかして読み終えたい
サンプルの続きが気になって仕方なくて、思い切って購入します。紙の本の洋書であれば、「いつか読もう」と本棚に飾ってインテリアとみなすこともできますが、Kindle本はヘタすると存在自体も忘れてしまいかねません。「今読まないときっとずっと読まない」と気合を入れて読みます。同じ理由で、無料で手に入れた古典や薄いビジネス本などは、なかなか手に取るチャンスがめぐってきません。今回のアン・タイラーの新作は特に、「たくさんの人が読む前に読み終える優越感を味わいたい!」という思いが強い原動力となりました。

英語での読書に慣れないうちは、英文の一文字一文字を目で追いながら読んでいて、文の意味は取れてもページ全体の意味が取れていなかったり、数ページ読むだけで目と頭がヘロヘロに疲れました。

それでも続けていれば、慣れてきます。小説の前半は読みづらいですが頑張って半分読んでしまえば、内容が頭に入っていることもあり、後半はかなりスピードアップして読むことができると思います。
とってもおもしろい本の後半、続きが気になって読むのをやめられなくなって、脳みそがオーバーヒートしないように気をつけましょう。

そんなこんなで、”The Beginner’s Goodbye”、200ページちょっととかなり短い部類ではありますが、フィクションを4日で読むことができるようになりました。
この4日という時間は、いろんな幸運が重なって叩き出した私にとって奇跡のような記録ではありますが…。

数打ちゃ当たる方式でいろいろ読んでいけば、このような幸運に出会うこともあるはずです。
そしてこの感動が次の原動力に。

ぜひぜひあなたのSomedayを近くに引き寄せてください。

The Beginner's Goodbye
The Beginner’s Goodbye
(日本のアマゾンではKindle版が買えないので、ぜひリクエストをぽちしてください~)

【関連記事】
読みやすかった洋書
泣ける洋書
Kindleで読める、英語学習関連書籍

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. […] Kindleを買ってから英語の本が読めるようになりました | Mandarin Note以前にも書いたことがありますが、トム・クルーズとキャメロン・ディアス主演の映画、「ナイト&デイ」での、トムの台詞が気に入って手帳に書きとめています。Someday. That’s a dangerou… […]

  2. […] Kindleを買ってから英語の本が読めるようになりました | Mandarin Note以前にも書いたことがありますが、トム・クルーズとキャメロン・ディアス主演の映画、「ナイト&デイ」での、トムの台詞が気に入って手帳に書きとめています。Someday. That’s a dangerou… […]