「墨攻」そのたいろいろ


墨攻 酒見 賢一
ただいまの通勤のお供です。
映画を見る前に、と思ってなんとなく買いましたが、これがおもしろいのなんの!
戦争もの、流血シーンの多い映画は苦手なので、映画はまだ見ていなかったのですが、さわりだけ読んで、速攻ネットで映画のDVDを注文しました。
非戦、兼愛(「自他・親疎の区別なく、人々を全く同じように愛すること」大辞林より)を唱える戦闘集団、という矛盾に満ちた墨家が、大国に攻め込まれる小国を守り抜くために頭脳と技術のすべてを総動員。
薄い本なので読み終えるのがもったいなくて、ゆっくりと読んでいます。
しばらくは電車を乗り過ごさないように気をつけなければ。
さて、仕事の話ですが、
毎日毎日いろんなことが起こっているのですが、なかなか書けません。
授業も大変ですが、トラブルの処理の方が主な仕事になりつつあります。
現在進行形の諸問題をこちらにアップすることはできないので、かなり昔の、日本語指導にあたったとき起こったことについて書いてみようかと思います。ぜひ皆さんのご意見を伺いたく。
私が経験したことのある研修生への日本語指導は、たいてい9時から12時まで、13時から16時まで、という、(机について勉強する習慣があまりない人には)かなりヘビーな時間割です。教える方も疲れますが、聞いているほうももちろん疲れる。1時間おきに休憩を取ったり、ゲーム形式の学習を取り入れたりと、飽きないように工夫しながら授業を進めていました。
受け入れ側の配慮で、教室の外に置かれたテーブルに、お茶とインスタントコーヒーが自由に飲めるように準備されていました。
これを研修生たちが遠慮会釈もなく飲むこと飲むこと。
日本茶は減らない(多分あまり彼らの口に馴染まなかった)のに、コーヒーは1日でネスレの大瓶が空になる。確か人数は7,8人だったと思うのですが、その減り方はどう考えても異常です。
皆さんだったらどんなふうに対処しますか…?

「「墨攻」そのたいろいろ」への4件のフィードバック

  1. Marieさん、こんにちは。
    日本語教師の話題をリクエストしたら、いきなり難しいラインの話題ですね(汗)。なによりもまず、日本語を教える苦労よりも授業とは関係ないところでエネルギーが必要なんですね。想像以上にたいへんなお仕事だわ~。
    こういう事態に直面したら、まずは「どっひゃあ~」ですね。そしてこの事態の収拾に乗り出すかどうかは、ちょっと損得勘定丸出しでいやらしいですが、先生として受け入れ側からの直接雇用か、又は別に日本語教師の派遣会社から送り込まれているか、で心持ちも変わってくるかなー(私なら)。派遣されてきてるなら「あらあら、なくなっちゃったぁ」なんてノンキな事言ってても許される気がしますが、直接雇われてるなら笑って見逃している訳にはいかないですね。
    期間の短い「日本語特訓週間」だけで、遠慮するとか、そういった事まで理解してもらうのは無理としても、何か手を打つなら、先生という立場で誰かにコーヒーを毎日いれてもらうことにして(当番制も可)、必ず夕方近くコーヒーのなくなる頃におかわりを催促して、コーヒーがなくなってると不機嫌になるとか?あ~でも生徒さん達もさすがに先生には気を遣って、前もっておかわりをいれてくれて一日の終わりにはやはりキレイにネスレが空になったら意味ないか・・・。むずかし~。

  2. ときどき私も電車で降りそこねます...。
    さて、コーヒーの件ですが、こういうのはやっかいですね。仮に一週間で1瓶と決めても、飲む人は飲みますから。
    自動販売機を置いて安価で提供するなどして、強制的・客観的に制限しないとうまくいきません(マンションの駐車場みたいなものです。立て札は無力)。
    あるいは提供時間を決めて、それ以外は瓶を教師が確保しちゃうとか。
    日本では「呼びかけ」「理解を求める」に傾きがちですが、多文化環境ではほとんど必ずうまくいきませんね...。

  3. コメントのお返事遅くなりました。
    >にゃじゃらさん
    一番いいのは気にしないことですよね~。でもなかなかそれができない小心者…
    日本人と中国人の考え方の違いなどは、暮らしていくにつれ徐々にわかっていくものだろうとおもいます。
    ただ、それを納得するまでにはたくさん「もめごと」が発生して、双方に恨みとか不信感とかが少しずつたまっていくことを考えると、できるだけもめないように、知識として教えておきたいんですよね。
    でもそれが空回りしたり、余計なお世話になってしまったり。
    何も考えずに日本語指導だけに徹することも可能だし、それもまた一つの方法だと思うのですが…自分なりに模索中です。難しい…
    >tenkyuさん
    こんにちは!はじめまして!漫画も面白そうですね!酒見賢一さんは「陋巷に在り」も漫画化されているみたいなので、楽しみです♪
    >Shiraさん
    日本は「暗黙の了解」が多くて、外国人に説明するのが困ります。日本人という範疇だけでなくて、支店ごととか、部署ごとにとか、それぞれルールがあったりするんですよね。
    その件よりも、Shiraさんも電車を乗り過ごす、ということに驚きました。意外でした^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です