『すぐやるトラップ』 勉強にすぐにとりかかるための仕掛けづくり



勉強にすぐにとりかかるために、工夫していることってありますか?

朝早起きして勉強するときには、すぐにとりかかれるように、デスクスパ(足温器)と着る毛布(これらは冬場は常に置いてあります)、テーブルの上にはテキストなど勉強道具一式を準備してから寝るようにしています。他にも、あったかい飲み物がすぐに作れるように、ちょっとだけ口に入れる甘いものなども。

電車通勤していたときには、「通勤時間はラジオ講座しかやらない!聞かない!」と決めていました。あの頃のあの時間の満足度はすごく高かった。聞いていたラジオ講座のスキットの一部はいまでも暗唱できるくらいです。

他にもいろいろあって、書き出してみたのですが(もちろん全部は実行できてません、そんな強いハートがあれば全然苦労しないわけで…トホホ)、それを公開する前にほかの方がどのように工夫されているか聞いてみたいなと思いました!

久々のアンケートです。
勉強にすぐとりかかるために、どんな工夫をしてますか?
すぐやるトラップ、と名づけてみましたよ。
文字通り、自分を罠にかけるような気持ちで仕掛けをしている、誘惑に弱い私です。

特に教えていただきたいのは、「自分が苦手としているジャンルの勉強をすぐやる/継続するための工夫」です。
本を読んだり、ディクテーションしたり、自分の好きなことなら苦もなくとりかかれるのですが、苦手なものはついつい後回しにしてしまいます…。

ブライアン・トレーシー『カエルを食べてしまえ!』にあるように、一番大きなカエル=一番大変で難しいことから先にとりかかればよいのはわかってはいるのですが、なかなかうまくいきません…。

よい方法があればぜひ教えてください!!

この記事へのコメントか、もしくはツイッターの私へのリプライで!!
2月いっぱいくらいでお願いします!

カエルを食べてしまえ!
カエルを食べてしまえ!

新作も出てます。今度はキス…
カエルにキスをしろ!
カエルにキスをしろ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする