ネットで中文小説を読む



リンクにも入っているyifan.netには、読書好きな私にはたまらない、オンライン図書館です。中国文学・海外文学のたくさんの作品が読み放題。著作権云々の問題については謎ですが、とても有効に利用させてもらっています。

文章を多読すればするほど、中国語と親しくなれます。

最初は辞書を引き引きゆっくりとでも、徐々にその回数は減っていくでしょう(面倒になるということもあるけれど)。
頭の中でいちいち日本語に訳すという作業が次第に少なくなり、中国語がそのまま頭にしみてくるという現象に気づき、たいそう嬉しくなれます。

この場合、日本の小説の中文版を読むのも悪くはないのですが(むしろ知っている内容のものを選んで多読の練習になじむには日本の作品の方がいいかも)、中国語を体にしみこませるためには、やはりもともと中国語で書かれたものの方がいいと感じます。文章を通じて文化や習慣、考え方にも触れることができるのもメリットの一つだからです。

ただ、膨大な作品の中から選ぶのはことのほか大変。
趣味が合うかどうかはわかりませんが、私が過去に読んで面白かったものを紹介していこうと思います。

棉棉 「社交舞」
「上海キャンディ(原題:「糖」)」という作品が日本でも出版されている若手女性作家のエッセイです。

一話が短く、著者の日常や恋、知り合いなどについての内容なので、比較的とっつきやすいと思います。彼女の奔放な生活に興味が持てるかもてないかで、読みやすさも変わってくるかもしれませんが…。
今中華圏の作家や有名人の間でブログをオープンするのが流行っているらしく、いろんな人のブログが読めます。
棉棉のものはこちら。

■三毛 「閙学記」
アメリカに留学した著者のエッセイ集。スペイン人の夫ホセを亡くした後なのですが、留学生活と周囲の人々をいきいきと描いていて読んでいて楽しくなります。
三毛(参考)は10年以上前に亡くなっている台湾の女性作家ですが、その作品は未だに中国や台湾の若い人たちに人気があります。読んでも全く古さを感じずユーモアたっぷりで、その行動力と好奇心がとても魅力的な女性です。
ほかにも邦訳のある「撒哈拉的故事」は、夫ホセとのサハラ砂漠での暮らしを綴ったもので、とてもおもしろく、初級を脱した頃に夢中で読み終えました。

■衛慧 「愛情幻覚」
「上海宝貝」は「上海ベイビー」という邦題で日本語でも読めます。中国国内で発禁になったという話題の本。長編なので初学者であれば日本語版を読んで先に内容をつかむといいです。日本語と対訳で読みたい人も日本語版の文庫を買って一緒に読むといいでしょう。
私はこの作品よりも短編の「愛情幻覚」の、夢とうつつをさまようようなぼんやり薄暗い雰囲気が好きです。この著者の作品は読んでいて楽しくなるようなものではないので、苦手な人も多いかもしれません。
衛慧のブログ
中国語会話 グズでノロマな独習体験記こちらにも関連記事があったのでリンクさせていただきます。
独学者にはとてもためになる内容です。

その他読んで面白かった作家:
王安億・朱天文・余華・余秋雨・韓寒・格非・虹影

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. carol_non より:

    はじめまして。ルモンガさんのところで名前をお見かけしてやってきました。
    私もネットで小説を読んだことがあります。
    まだ2つくらいですが。
    ここでは、おすすめの小説が紹介してて嬉しいです。
    三毛と余華は読んでみたいと思ってました。
    また遊びに来ます。

  2. Marie より:

    はじめまして。コメントありがとうございます。
    面白かった本があればぜひ教えてくださいね!
    余華は久々の新作が出ました。
    読み終えたら感想書きますが、かなりおすすめです。
    またネットで本を買って数日後に届く予定なので楽しみです。
    また遊びに来てくださいね!

  3. yue より:

    先日はご訪問ありがとうございました♪
    とてもきちんと勉強されている方のようですね。尊敬します。私は、小説は殆ど読んだことがないのですが、勉強になりそうですね。私の中国語は殆ど耳から覚えたものなので、読み・書きがとても苦手です。お勧めの小説を読んでみようかなぁと思いました。
    ハングルも、少し独学でやっていたことがあって、そろそろ再開しようと思っていたところです。
    またお邪魔しますので、よろしくおねがいします。

  4. Marie より:

    yueさんこんにちは。
    きちんと勉強なんて、とんでもないです。
    最近はすっかりなまってしまってます。語学は筋肉と一緒で、トレーニングを休むとたちまち落ちてしまいますね。
    yueさんのブログはとてもためになるので、ちょくちょく覗かせてもらっています。
    今後ともよろしくお願いします!