子連れ北京5日目(2) 前門を散策・吴裕泰・都一処

スポンサーリンク

ホテル前に戻り、何か冷たいものでも飲もうかと、味多美へ。

あずき入りフラペチーノ

モカフラペチーノ的・マンゴーフラペチーノ的飲み物を注文しましたが、なんでしょう、このまずさ…。上のホイップはおいしくて全部たいらげたんですが、モカの味がなにやら不思議です。舌に何かざらざらあたる、その正体はなんだろうと子供たちと首をひねっていましたが、つきとめました。
たぶん、ざらざらの正体はあずきです。コーヒーにあずき…。

一見美味しそうなんですけどね…

マンゴーも同じく、なにやら不思議な味。

もったいないですがほとんど残して、次の場所に移動します。

前門を散策

地下鉄で前門へ。こちらも人が多い。前門の門の下には、たくさんの人が座り込んで休憩しています。お水売りやアイスキャンディー屋さん、おもちゃ売りの声もあちこちから聞こえ、にぎやかです。

天気がよかったので、頭にゴムでとめるパラソル・傘帽子?がよく売れていました。子供向けかと思っていたら大人もたくさん頭に載せていてびっくりしましたよ。


(参考画像)

路面電車もありますあります。

 

すぐにWUYUTAIのソフトクリーム看板を発見した子供たち。
さっき冷たいもの食べたばかりだから先にご飯食べようねーと先に進みます。

お目当ては都一処。皇帝もお忍びで食べにきたという逸話も残る名店です。

しゅうまいの都一処

ちょうど正午を回ったところで、お店の前には行列が。15分ほど並んでお店の2階に通されます。混んでいるので相席でいいかと聞かれ、OKすると円卓に3組が案内されました。年配の3人組と、デートらしいカップルとご一緒します。


(※注:私たちではありません)

豚肉シュウマイと、羊肉・牛肉・豚肉・三鮮・素餡(野菜)の5種類が入った什锦烧麦を頼みました。メニューには8個と書いてありますが、なぜかそれぞれ蒸籠に10個入りです。
ココナツジュースとペプシもー。

 


メニューをパチリ。

日本のシュウマイより、皮のヒラヒラが大きくてダイナミックです。
お肉はジューシーなのにしつこくなくて、何個でも食べられます。朝ごはんをおなかいっぱい食べたのであまりおなかがすいていない、と言っていた子供も、見ていて心配になるくらい詰め込んでいます。
什锦烧麦は、皮の上に置かれたしるしごとに味が違うんですが、牛肉と羊肉の違いがよくわからなかったダメな私です~。お肉の種類の中ではやっぱり豚肉が一番気に入りました。そしてお肉ばっかりの中で、素餡がすっきりあっさりしておいしかったです。

年配グループは、カタコトの日本語が話せる大学の先生と、そのお父さんとお姉さんのご家族でした。ふるさとから出てきたお父さんとお姉さんと一緒に北京観光されているのだとか。子供の手をずっと握ったまま話しかけてこられるので、子供、ちょっと困惑(笑)

もう一組の、シュッとしたお兄さんと丸顔のかわいらしいお姉さんは、始終にこにこ、日本や日本語について尋ねてきます。そのおだやかさに子供はすっかりなついてしまって、せっせと折り紙を折ってプレゼントしていました。

店を出るころには、先ほどの混雑はうそのよう。1階にも少し空席が見えます。お昼のピークから少しずらして来店すれば、それほど苦労せずに座れるのかもしれません。おいしかった!

はちきれそうなおなかをかかえて、吴裕泰へ。スイーツは別腹です。

WUYUTAIのソフトクリーム


とけちゃうとけちゃう。抹茶味とジャスミンティー味、それぞれ1個6元。あっさりしていておいしかった。

さてさて子供たちよ、満足したようなのでこれからもう少し歩きましょうよ、いろいろ覗いてみたいお店がたくさんあるのです。

————————————–
味多美 30元
崇文門-前門 地下鉄 2元×2
都一处烧麦馆 110元
吴裕泰 18元
————————————–
【5日目・現在の残金】1640元+7000円

都一处烧麦馆(前门店)
东城区前门大街38号(大栅栏东口)

>5日目(3)に続く

スポンサーリンク

シェアする

フォローする