海雲台から

絵葉書が届きました。

「いるかと ふうせんが かいました」
名前がわからなかったそうで、「ふうせん」と書いた左のブツはこれです。
水族館で、お友達とおそろいで買ったキーホルダー。

よく書けてるわ~(親ばか)
こっちは海雲台市場の魚たち。
(〔追記〕…と思ってましたが、はっと気づいて子供に確認したところ、やはりこれは水族館の絵でした。勘違いでしたが記事内容はそのままで…)

こんなふうに可愛いお魚を撮った写真を探したんですけど…

こんなのとか…(ユムシにタコにばかでっかい貝)

こんなのとか…(桑の葉をワシワシ食らうお蚕様)
お母さん変なのばっかりに食いついててごめん。
切手を貼って投函したかったんですが、時間がなくて言いそびれました。
でもまあ、シールも可愛い。これもいい記念かも。

スポンサーリンク

「海雲台から」への4件のフィードバック

  1. 絵すっごく上手ですね!びっくりしました。
    お蚕さんがすごく気になります。真っ赤に変身後のお姿とか。ぷちっとか(失礼)。
    え?繭つくるまで飼うんじゃないですよね?

  2. >rororoさん
    一日中歩いて疲れてるだろうに、シャワー浴びた後せっせと書いていました。旅に出ると自分宛に絵葉書を投函するのは私の趣味でして。
    お蚕さん、ポンテギになる運命かなと思ってみてたんですが、後ろの看板、「ナマ カイコ エキス」って書いてありません?エキスって、辞書ではつづりが違うんですけど、なんとなく「エキス」のような気がしました。違うのかな?
    あの独特のにおいと、ざわめく音が忘れられません~

  3. わー、エイ先生だ!
    可愛い~
    自分に絵はがき出す、って、良い思い出になりそうですね~
    私、やったことないわ~。
    ふうせん、も、言い得て妙ですわな~
    センスがよいです!

  4. >kumanekoさん
    あっっっ…!ほんとだ…エイがいて黄色い魚がいるってことは、これって水族館?
    たしかホテルでは「市場」と言ってた気がするんですが、そういえばハガキが届いた時に「市場でしょ?」って聞いたら変な顔してました。左の窓から覗いてるのは自分だって言ってたし…
    しかし迷いのないラインにはほれぼれします(またも親ばか)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です