こんな本買った「きみがぼくを見つけた日」「リリアン」



古書店で見つけてしまい、既読本にもかかわらず、思わず家に連れて帰ってしまいました。

きみがぼくを見つけた日 上巻 (ランダムハウス講談社文庫)  きみがぼくを見つけた日 下巻 (ランダムハウス講談社文庫)
きみがぼくを見つけた日 (ランダムハウス講談社文庫)

単行本で出たときは「タイムトラベラーズ・ワイフ」というタイトルでしたが、文庫本の邦題の方が、物語の切なさがそこはかとなく現れていて好きです。ニコラス・スパークスの読者へのアピールという気がしなくもありませんが。

発売すぐに図書館で借りたので、もう5年も前に読んだのですが、そのとき受けた衝撃はまだ記憶に新しいです。いやー、泣きましたよー。秋の夜長のお供におすすめです。

ちなみに今読んでるのは新潮クレストの「リリアン」。

なんかもう、すごいんです。全てを振り飛ばすように生きる主人公に圧倒されます。
眠いわ本読みたいわで、夏休みの宿題のラストスパートがなかなかかけれずにおりますが…前回の「春分の日」よりはいい感じの手ごたえです♪

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. rororo より:

    Marieさん、もう読書の秋なんですね。
    しっとりした海外小説を読みたい季節になりますが、その前に京子さんの新作『女中譚』買わなくちゃ!

  2. Marie より:

    >rororoさん
    現実逃避目的で、早めの読書の秋到来です。
    新作!チェックしてませんでした。教えてくださってありがとうございます~早速書店へ走ります。

  3. Shira より:

    Marieさん、いつも本の情報ありがとうございます。
    The Time Traveler’s Wife、さっそく注文しました。楽しみです。

  4. Marie より:

    >Shiraさん
    男女が入れ替わり朗読するオーディオブックがあるんですね。気になりますが、ちょっと目の前の積読をやっつけてからにしなければ…

  5. kumaneko より:

    これ、もうすぐ映画公開ですよね?
    実はオーディオブックで持ってます、が、まだ聞き終わってないですわ~。

  6. Marie より:

    >kumanekoさん
    そうなんですね!映画公開、知りませんでした。出た当初から映画化の話が出てましたが、長くかかったんですね~