夏休みの宿題

スポンサーリンク

『夏休みの宿題』、宣言し忘れていましたが続いています。
韓国語:「アンコールまいにちハングル講座Ⅰ」音読パッケージ&日本語訳から瞬間韓作文
この教材はものすごく気に入ってしまいました。おそらく書籍化されると予測しています。テキストも音源もありますが、敬意を表して購入するつもりです。これが終わったらカナタの初級2で(しつこく)音読サイクルまわします。
中国語:読書。時間制限を設けて多読(速読)するものと、精読するものとわけて目標設定しました。韓国語読書も余裕があるときに進めています。今は韓国作家の短編を読んでるんですが、いや、思ったより読めて嬉しかったです。
実は夏休みの宿題、語学と関係ありませんが、仕事の方でずっとペンディングしっぱなしの学習事項があったので、それをメインに片付けることにしました。言いだしっぺの課題が語学メインじゃなくてすみません。
そちらを最優先にして、他のものはゆるく計画しています。皆さんの進行具合を励みに、なんとかやり遂げたいと思っています。
とはいえ、継続は力なりといいますか、韓国語の方は特に、じわーっと身についてきている感じがします。
今使っているラジオ講座のスキットは野球関連の話題があるんですが、昨日スポーツニュースでやっていたヤクルトの林昌勇(イム・チャンヨン)投手の話していることがなんとなくわかって嬉しかったです。日本語音声がかぶさってきたら「ああ~そのまま聞かせて~」と残念に思ったり。
韓国語って語順がほぼ同じだけに、単語量が即リスニング力に影響してきそうですね。ボキャビル、頑張らなくては。
しかしイム選手の心の強さには感動しました。ファンになりました。
(記事が長くなったので分けて再投稿しました)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする