仕事用のモレスキン・マンスリーノートブック・ラージ

スポンサーリンク

今年の初めから使っている、モレスキンのマンスリー・ノートブック・ラージ。

1月はじまりはソフトカバーです。ハードカバーより薄くてかさばりません。

ちなみに、4月はじまりはハードカバーで、日本の六曜や祝日が記載されているとのこと。1月はじまりは全部英語表記です。ハードカバーが好きな人は、今が買い時ですね。

お正月休みに仕事用の月間スケジュール帳を探していたら、マンスリーのラージが値引きされて売られているのを発見。いつもは買うのをためらう値段のモレスキンですが、お正月気分とセールにつられ、つい買ってしまいました。

昨年はA5サイズのマンスリースケジュールノートを使っていたので、大きさ的にはほぼ同じです。

A6ポケットサイズは、仕事用には小さすぎるのと、業務の内容的に持ち運ぶ必要がないので、大きくても問題ありません。

実際使ってみると、かなり使いやすかったので、薄いけれどメモがたくさんできるマンスリーの手帳をお探しの方のために、なかみを紹介してみます。

モレスキン・マンスリーのなかみ

メインのマンスリーページは、見開きで1か月分。
月曜始まりです。

モレスキン・マンスリー・仕事用

日本の祝日の記載はないので、追記しなければなりません。

右ページの日曜の隣のブロックは、フリースペースになっています。モレスキンのマンスリーは、「week 〇」といったふうに、その週が1年のうちの第何週目と書いてあるのが好きです。

月曜日に「早く週末が来ないかな」と願うのですが、実際1年間には52週しかないんですよね。
ぼやぼやしていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

モレスキン・マンスリー・ラージ

月間ページ&メモページ

モレスキンのマンスリーノートで気に入っているところ、その2。
月間ページのすぐあとに、メモページが見開きで用意されているところ。
1月から試行錯誤して、もう3月も終盤。このメモページのうまい使い方がようやく見つかりました。

モレスキン・マンスリー・仕事用

2年分のカレンダー

モレスキンのマンスリーノートで気に入っているところ、その3。
2年分のカレンダー。
常に3か月から半年先の予定を立てつつ動いているので、すぐにカレンダーを確認できるのは助かります。

モレスキン・マンスリー・レイアウト

バーチカルの年間予定表。年間スケジュールの記録をきちんとつけておくと、次の年の段取りがすごくラクなので、去年も同じような表にこまかく記録していました。

モレスキンのマンスリーは書くスペースが前に使っていたノートの表より広いので、かなり使いやすいです。

モレスキン・マンスリー・仕事用

ステッカーを貼ってます。

モレスキン・マンスリー・ラージ

長くなってしまったので、使い方については別の記事でご紹介します!

ちいさなくふうとノート術: ごちゃごちゃの頭を整理して楽しく暮らす私のノートの使い方
ようやく本が完成し、販売開始にこぎつけました。
時間をうまく使うための工夫と、それを管理・記録するノートの使い方・Bullet Journalについても書いています。

(読みたい本)