Kindle Unlimitedで読んだ本・2月3月

Kindle Unlimitedで小品を読むのが癖になってしまいました。

Kindle Unlimited 読み放題ってどうなの? | Mandarin Note
Kindle Unlimited 読み放題去年の11月から利用していますが、大変便利なサービスです。いつでもどこでも読み放題。さまざまな端末で利用可能。月額¥980で、豊富な本、コミック、雑誌および洋…

最近読んだ本で面白かったのを並べていきます。

コピーライターの中村禎さんの本です。
レベルはまったく違いますが、私も一時期広告関連の仕事をしていたので、とてもおもしろく読みました。

商品が売れるように、ことばを一緒に並べるわけなのですが、カッコつけたりウソを言おうとすると、不思議とすぐばれちゃうんですよね。

人気作家の短編が安価で販売されるKindle Singles。

アンリミなら借り放題なので、ついついひまな時間にダウンロードしては読んでしまいます。

これ。似たような話が身近にあるんじゃないかと思う。私にも思い当たるフシがある「ナベちゃん」的な存在。

ラストはほんとにそれでいいのか、不安になるけれども。

『半沢直樹』の池井戸さんですが、こんなテイストの作品も書かれるのですね。

児童文学もアンリミで読み放題です。
大人が読んでもおもしろい。

洋書は人気作品は対象外のものがほとんどなので、うまい探し方を見つけねばなりません。ランキングにはハリポタが目立ちますね。

以前ブログで紹介したこともある、この本もアンリミ対象本でした。

「ちいさなくふうとノート術」 | Mandarin Note
Bullet Journalをメインとしたノートの使い方、そして時間の使い方、学習記録、など、いろいろつめこんだノート術に関する本を2017年1月21日に出しました。ちいさなくふうとノート術: ごちゃ…

Kindle本を出版してみた・売れるための戦略と準備 | Mandarin Note
KDPに関するブログを見てみると、作り方についての記事に比べると販促についての記事はだいぶ数が少ないなと感じます。私自身、本を完成させることで頭がいっぱいで、どう売ったらいいかは二の次でした。販売が始…

スポンサーリンク

シェアする

フォローする