モバイルバッテリー兼用できるSIMフリーのルーターのおかげで、カバンが軽くなりました

MVNOで格安スマホを運用する人がだんだん増えてきました。

数年前のPTAの集まりでは、まだまだガラケーユーザーのお母さんが多かったのに、最近ではみなさんほぼスマホ。いまや連絡網はLINEで流すのが当たり前になってきています。以前はiPhone率が高かったですが、格安スマホの普及とともに、Android端末をお持ちの方も多くなっている印象です。

私もフリーテルの格安SIMをAndroid機で利用しています。通信速度も快適ですし、低速にすると通信料がカウントされない節約モードもあり、不満は特にありません。

そんな中、また新しいもの(新製品じゃないけど)に手を出してしまいました。

格安SIMで運用するモバイルルーターです。

スポンサードリンク


スポンサーリンク

SIMフリーのモバイルルーターって?

ドコモやソフトバンクなどキャリアで購入するスマホと、MVNOの格安SIMを挿して使うSIMフリースマホがあるように、格安SIMを挿して使えるモバイルルーターがあります。

モバイルルーターがあれば、iPod touchやKindle Fireなど、Wi-Fiでしか使えない機器も、家の外に持ち出してネット接続して使うことができます。

スマホでテザリングもできるのですが、スマホの方のバッテリーがみるみるうちに減ってしまいます。

モバイルバッテリーを買おうか、モバイルルーターを買おうか悩んでいたところに、「格安SIMが使えるうえに、モバイルバッテリーとしても使えるモバイルルーター」(早口言葉みたい…)であるこの商品をみつけて、さっそく注文しました。

ZMI Battery Wi-Fi MF855:開封

こんな感じです。

ZMI Battery Wi-Fi MF855

7.800mAhバッテリー。

ZMI Battery Wi-Fi MF855

ケーブルがない、ない、と探していたら、ありました。こんなところに。

ZMI Battery Wi-Fi MF855 ケーブル

みじかっ!

ZMI Battery Wi-Fi MF855 ケーブル

電源オン。

ZMI Battery Wi-Fi MF855

カバーを外すと、SIMを挿すスロットがあります。

ZMI Battery Wi-Fi MF855

サイズはマイクロSIMですが、私が購入したショップはSIMアダプターをおまけでつけてくれていました。

ZMI Battery Wi-Fi MF855

[日本正規品]ということだからなのか、日本語の取説もついています。

ZMI Battery Wi-Fi MF855

アプリをダウンロードして、本体カバーを開いたところにあるパスワードを使って接続します。

SIMのAPN設定はもうすんでいるので、挿したらすぐに使えました。

ZMI Battery Wi-Fi MF855

サイズはこのくらいです。

ZMI Battery Wi-Fi MF855 重さ・サイズ

重さは235g。
今持っているモバイルバッテリー「Anker PowerCore+ 10050」とほぼ同じ重さです。
同じ重さでWi-Fiルーターを兼用してくれるなんて、ありがたい。

スポンサードリンク


海外旅行でも活躍してくれそう

大容量バッテリーのおかげで18.5時間連続利用が可能です。
半日オンにしたまま外出したところ、帰宅時にバッテリー残量は82%。
メールやSNSくらいしかチェックしなかったというのもあるのでしょうが、バッテリーの持ちは想像以上です。

SIMフリーなので、海外旅行でプリペイドSIMを購入して使うこともできます。
Wi-Fiを飛ばすので、1台あるだけで家族やグループ全員の端末をネットに接続することが可能になります。

年末年始は移動が多いので、これがあると重宝しそうです。いいお買い物をしました♪

出先でKindle paperwhiteに新しい本を追加することもできます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です