バンカーリングが使えるTPUケースがあった

iPod touchのカバーが黄ばんできたので、新しいのに変えました。

今使っているのは、TPUという素材を使ったソフトタイプのケースです。
シリコンケースはやわらかいけれど、カバンの中でホコリやゴミを吸着しています。
TPUだと、ごみはつかないけれど、適度に手に吸いつく感じがあって落としづらいので気に入っています。ただ、短期間で変色するのが短所です。

右は使い古したTPU。左が新しく買ったケースです。
tpu/pcケース スマホ

ハードケースは変色しないのが長所ですが、着脱がしづらいこと、細かい傷がついて透明性が徐々に落ちてくること、など、デメリットもあります。

使い古したハードタイプのケースが右側。第5世代タイプなので右下に穴が開いてます。
小さな傷がたくさんできていて、フレームが割れてきています。でも変色はしてない。

今回、TPUとPCのいいとこどりをしたハイブリッドタイプのケースがあることを知り、購入してみました。

フレーム部分がやわらかいTPU、背面が硬質なPETでできています。

iPhone7はこちら。

スポンサードリンク


iPhone6/ iPhone6s用はセールになってます。

フレームの部分がやわらかいのでラクに着脱できます。
角の部分がかなり肉厚です。TPUで弾力があるので、落とした時に本体を守ってくれそうな安心感があります。

そして何より、このハイブリッドタイプのカバー、背面が硬質素材なので、バンカーリングが使えるんです!

バンカーリング ケース

これからの寒い時期、屋外で手袋をしたままスマホを触ると、落下させるリスクがかなり高くなります。
バンカーリングに指を通しておくと、安心して使えます。

スポンサードリンク


TPU素材など、やわらかい材質のケースだと、いくら表面がつるつるしていても、バンカーリングがしっかりくっつかないのです。
去年の冬は、ハードケースにバンカーリングをくっつけて使っていて、屋外では重宝していたのですが、ひとつ問題がありました。

バンカーリングを背面につけておくと、机に置いた状態でiPod touchを操作するとカタカタグラグラするのです。

私にとってiPod touchは学習ツールなので、学習時、電子辞書のように横に置いて、ストレスなく操作できないと意味がありません。

家の中で使うときにハードケースをはずして使おうかなとも思ったのですが、ハードケースの着脱は手間がかかるだけでなく、端末本体に傷がついたり、ケース自体が割れてしまったりする可能性が高くなります。

ハイブリッドタイプのケースで、そういった問題がすべて解消されました!!

やわらかい素材のケースが好きで、バンカーリングが使えなかった方、ぜひ試してみてくださいませ。

2015年モデルのiPod touchが9月に値下げされています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です