アプリと忘却曲線理論を使って単語を覚える

単語帳アプリ、欲しい機能がオールインワンのパーフェクトなものはないので、いくつかのアプリを併用しています。

異なるアプリで同じ単語セットを回すのも、メリットがあるのでおすすめですよ。

機能たっぷり・無料

よく使っているのはこのアプリ。

Flashcards [⁛]

無料
(2016.10.13時点)
posted with ポチレバ

数あるフラッシュカードアプリの中でも、とても使いやすく、機能も盛りだくさんです。
特に気に入っているのは、枚数の多いセットを分割できるスプリット機能。
1000くらいまとめてつくったカードセットをそのまま読み込んで、100ずつ自動分割して覚えることができるのはとても便利。

Flashcardsアプリがアップデートしてさらに便利に! | Mandarin Note
多機能で気に入っていたフラッシュカードアプリが、バージョン2.4.4から、無料バージョンでもカード数の制限がなくなり、とても便利になりました!詳しい使い方は過去記事をご覧ください。多機能・無料・フラッ…

スポンサードリンク


忘却曲線理論で効率的に暗記

忘却曲線理論を活用したアプリと言えばAnkiです。
使えば使うほど便利で、愛用者が多いのもうなずけます。

AnkiMobile Flashcards

3,000円
(2016.10.13時点)
posted with ポチレバ

忘れた頃に自動的に復習できるのはとてもいいシステムだと思います。

Ankiは思った以上に使いやすい! | Mandarin Note
Android機を持ち歩くようになってから、AnkiDroidを毎日使うようになりました。使う前は正直なところ、PCにAnki2というソフトをインストールして同期しなければ使えない(データのインポート…

複数アプリのハブになる暗記カードアプリ

自分で作った単語リストは、Quizletにアップロードして、複数のアプリに読み込んで使っています。
Quizletアプリ単体でも結構使えますが、別のアプリにデータをエクスポートできるのがとても便利。

ほかにもいろいろな単語カードアプリをこのブログ内で紹介していますので、検索してみてください。

どれも便利なのでぜひ使ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です