kindle touchが日本からも買えるようになってます!




Kindle Touch
ようやくkindle touchがアメリカ以外からも購入可能になりました!
日本からは139ドル+送料で買えるみたいです!
リンク先の商品をカートに入れて、もし「日本からこの商品は買えないからNON-USの商品を買ってね」というアラートが出れば、NON-USのリンク先に移動すればOKです。
タッチパネルになったkindle touchでは、辞書引きが断然便利になりました。
単語をタッチするだけで、ルックアップで意味を確認できます。
英辞郎のMOBI版を使えば、複数の単語を同時選択して熟語を引くことも出来ます!

また、英辞郎にない語の場合は、自動的にOXFORDなど、kindle内の他の辞書から引いてくれるのもありがたいです。
辞書で引いた単語は、ワンタップでハイライトすることができます。
ハイライトした語の一覧は、My Clippingsというファイルにまとめられて、そのリストだけをkindleで見ることも可能ですし、TXTファイルとしてkindle内に保存されるので、それをPCに移してエクセル単語帳などに加工するのも簡単にできます。(やり方はこちらで紹介してます)
↓Babel No More を開いている時に、Menu→View Notes & Bookmark を見たときの図。
上からふたつはハイライトさせた箇所の表示、下の一つはブックマークした箇所の表示です。ブックマークは読んでいるページの右上をちょんとタップするとドッグイヤーが表示されます。

↓こちらはMy Clippingsの中身です。My Clippingsは書籍と一緒に並んでいます。
こちらは書籍関係なく、時系列で、ハイライトをつけた語句と、その書籍情報が表示されています。
そしてここに表示されている語句をタップすると辞書がルックアップで表示され…と書くつもりだったのですが、前にも現れた「Dictionary not found for this book’s language.」というエラー表示が出ます。
解決したらまた記事にアップしますね。

kindle3の3G+wifi版にはついていた、フリーで使えるWEBブラウズ機能はなくなってますが、それを補って余りある進化です。
購入を迷っている方、おすすめですよー!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. Shira より:

    こんにちは。
    我が家のキンちゃんはひたすら「本」として活躍しています。
    軽いのがなにより助かります。500ページの本だって 160g ですから…。
    kindle を購入する前に買ってしまった厚い本をうらめしく見てしまいますね。