わくわくする本に出会ってしまった



余秋雨の千年一嘆―古代から現代の文明を思考する
余秋雨の千年一嘆―古代から現代の文明を思考する 余 秋雨
ひょんなところから私の手元にやってきたこの本。「文化苦旅」をひとまず脇に伏せ、こちらの序文をなんとなしに読んでみたところ、ぐいぐい引き込まれて止まらなくなってしまった。
古代から今日まで綿々と続く、中華文明。かつては燦然と輝き、同じ時代を肩を並べて歩んでいたはずの、もはや廃墟としてしか存在し得ない他の古代文明。
双眼鏡の調整ねじを絞ったり緩めたりするように、著者の視点は自在に瞬間移動する。
中国語の学術書にありがちな、漢字だらけの原語の影響を引きずった堅苦しさもなく、たゆたうようなリズムを持った、日本語がすんなりと身体にしみこんでくる。

飛行機は、夜明けに追いつかれまいとしているかのように夜色を追って飛び続けたため、十数時間完全の漆黒の闇だったが、飛ぶのを止めたかと思うと、夜明けとアテネがいっぺんにやってきた。

「一気に筆を運び、気に入らないところがあっても、整えたり、なぞったりしない中国書法にも」似た、できるだけ手をくわえない状態で発表された著者の文章は、読者をぐっと彼の世界に引き込み、追体験させてくれる。荒涼とした地を行く緊迫感、片時も原稿を手放さず道端にしゃがみ込んでまでペンを握り文を記した著者の息遣いまで聞こえてきそうだ。
古代文明遺跡を巡る旅は、ギリシアから始まり、エジプト、イスラエル・パレスチナ、イラン・イラク、インドを巡り中国へと戻ってくる。
著者と共に旅する、遥かな4万キロの道程。
年末年始の素敵な娯楽になりそうだ。

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. rororo より:

    よく拝見しているのですが、はじめてコメントいたします。
    このエントリを見て『千年一嘆』を買いました。とても面白そうですね。
    韓国語学習、いまは↓のリストにある『表現力UP Natural韓国語』を使っています。その次は『韓国語 上級演習ノート』に進みたいと考えています。
    来年は、やり直し中国語の年になりそうです。

  2. Marie より:

    >rororoさん
    はじめまして。ようこそいらっしゃいました。
    『千年一嘆』とっても面白いです。年末年始の娯楽にぜひどうぞ。
    ググってみたら、この旅行記の番組がスカパーの楽楽チャイナで、たった今、見ることができることに気づいたんですよね。
    ただ、下のリンクページでは鳳凰原記録:千禧之旅 となっているのに、楽楽チャイナでは違う番組になってるんです。
    http://www.so-net.ne.jp/tv/bangumi-s/cgi-bin/view_prg02.cgi?ch_id=784&id=38515&TZ=2
    多分このリンク先の情報が誤りなんでしょうね…
    私の中でとってもタイムリーだっただけに残念です…
    12枚組のVCDが販売されているので、購入しようかただいま考え中です。
    『韓国語 上級演習ノート』、私にはまだまだ遠い話です…
    ブログでの学習方法、ぜひ参考にさせていただきます。
    今後ともどうぞ宜しくお願いします。