サーチエンジンを利用した中国語学習(1)

サーチエンジンを利用した中国語学習(1)
–サーチエンジン(Google・百度・中国雅虎)の便利な使い方

先日ツイッターで、「単語の使い方をネット検索で調べる方法を大学の先生に教わった」という話を聞きました。
そうかー、今の若い人たちは授業でこういった技術を学べるんですねー。
以前、ネットや電子辞書を使った勉強法について、地域の語学学習者のみなさんの前で紹介する機会がありました。
自分が当たり前に使っていた方法があまり知られておらず、「便利ねー!」と驚かれたこともあり、今回はこのブログで、ネット検索を利用しての語学学習の方法を紹介してみようと思います。
このブログにおいでくださる方々の多くは、PCにも慣れていて、語学学習にネット検索をがんがん利用していらっしゃるでしょうから、私が紹介する内容は既にご存知のものがほとんどかもしれません。私の知っている方法よりもっと便利な方法をご存知でしたたらぜひ教えて下さい!
では、1回目は完全一致検索からです…


■完全一致検索で語順をチェック
中国語での作文、なんとなく意味は通じそうだけど実は語順が違っていた、ということがよくあります。
中検やC.testでも、「正しい語順の文を選びなさい」という問題が必ず出題されますが、考えれば考えるほど、どれも正しくどれも間違っているような気がして混乱したり。
自分の作った文章が正しいかどうかは、サーチエンジンの完全一致検索でチェックできます。
検索したい文章を「””」(ダブルクォーテーション)で囲みます。
这样不用很多花钱。
この文章が正しいかどうか調べてみます。
複数の単語が含まれるキーワード検索の場合、ダブルクォーテーションでくくらない状態で検索すると、ページ内にいずれかの単語が存在するページがすべて結果に表示されてしまいます。

「””」(ダブルクォーテーション)で囲んで再検索するとこうなります。

この語順だと1件もヒットしないので、語順を変えて再検索。
这样不用花很多钱。
ヒットしました。

この語順で正しいようです。
さらに、这样を省き、”不用花很多钱”と絞り込んで検索してみると、いろいろおもしろい用例が見つかります。
求上海一日游不用花很多钱的地方
(上海の日帰り旅行でお金をあまり使わないですむ場所を教えて)
不用花很多钱也可以过个浪漫的生日
(お金をかけなくてもロマンチックな誕生日が過ごせる)
※ネイティブも間違うこともあるでしょうから、検索で見つかったからと言って、それが100%文法的に正しいかどうかは保証できません。また、全く同じフレーズでも、文脈を見ると意味が違っていたということもあり得ますので、気をつけてくださいねー!

スポンサーリンク

「サーチエンジンを利用した中国語学習(1)」への1件のフィードバック

  1. 検索エンジンで語順を確認できるんですね~
    リンクの電子辞書の使い方も参考になりました。
    第一回ということなので続編に期待します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です