軽量Kindle Paperwhite カバー買いました!



悩んだ末に買ってみました。軽いケース最優先です。

image

スポンサーリンク


Kindle Paperwhiteのカバーを新調します | Mandarin Note
毎日持ち歩いているKindle Paperwhiteのケースが傷んできたので、新しいものを買うことにしました。白いkindleの白いカバーが販売されているのを見つけ、思わず白いkindleをポチりそう…

純正の革カバーを以前使っていましたが、ものすごく重くなったので、今回は軽さ重視で選ぶことにしました。

ちなみに、今使っているのはこのくらい。

pink

89g。もうボロボロです。カバーと本体との接合部分がよれよれしてきて使いづらくなったので買い替えますが、すごく気に入っています。

軽さで選びたいのですが、Amazonのページにちゃんと重量についての表示がある商品と、そうでないものがあります。個体差もありそうなので、気になる方は販売元に問い合わせをするのがよいかもしれません。

Infilandの商品ページには重量表示がありました。しかもカラーごとに重さが微妙に違います。信用してよいものか。

スポンサーリンク


ブルーは77gとありますが、実際届いた商品を測ってみると、

blue

74gでした。

試しに買ってみた、重量表示のない商品は、こんな感じ。

mint

どの商品も個体差がありそうなので、±5~10gくらいはみておいた方がよさそうですね。

慣れとは恐ろしいもので、毎日使っているせいか、今使っているものより重いカバーをつけると、若干重いのがわかります。数グラムの違いなのですぐに慣れてしまうのでしょうが、これが20g以上違うとすれば、似たようなデザインなら軽いほうを選びたいところです。

個体差と言えば、Infilandの商品画像にはKindleの刻印がありませんが、表にも裏にもKindleの刻印がありました。
買うタイミングによっては刻印がないものもあるので、商品画像に刻印がないタイプを載せているのかもしれません。

製品自体の品質には、どちらの製品にも特に不満はありませんでした。どの販売元から買うにしても、安価な商品ですし細かいところは気にしないと割り切って購入するのがよさそうです。

おしゃれなデザインのカバーも気になりますが、どのくらいの重さなんだろう。白いKindle用のカバーを出しているWALNEWの商品レビューには80g台というコメントもあるので期待大です。
ホワイト用のデザインが増えて来たら購入を検討したいと思います。

ちなみに使用したキッチンスケールはドリテック。故障もなく長年愛用しています。

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク