中検1級対策・少しずつ始動

中検1級よりも英検1級のほうがもしかしたら近いところにあるんじゃないかと思いながらも、中検1級には挑戦し続けるつもりです。

中検1級をとったからと言って、特にメリットもないのですが、自分の実力を測るにはとてもよい試験だと感じています。

語学だけに没頭できる時間的余裕はないので、一進一退。二歩進んで三歩下がっているのが実際のところかもしれません。それでも。

今年は考えた末、発音確認を重点的にやっていきます。
1月に準備だけはしたものの、なかなか進んでいません。
エクセルにぽちぽち入力するという非効率なことをやりながら、意味や発音を覚えていない単語をピックアップしていっています。

確認するのはこの3冊に載っている単語。

スポンサーリンク


単語を入力したら、意味を辞書で調べてそれも入力。
発音を間違って覚えていた単語や、発音も意味も覚えていない単語のセルに色を付けていきます。

似たような語句の意味の違いを問う問題もあるので、できるだけ丁寧に辞書に目を通すようにしています。

時間がかかる作業なのでなかなか進みません。
おすすめはしづらい勉強法ですが、ひとつひとつ打ち込むと、自分が覚えていない単語がはっきりわかるので、そこはよいところかな。

知らない単語を覚えるより、発音を間違えて覚えている単語の方をつぶしていこうと思っています。

漢字のおかげで、ぼやっとした理解のまま読み進めることはできるけれど、実際日本語で説明しようとするとうまく出てこないのは、クイックレスポンスのトレーニングができていないからというのもあるけれど、やっぱりぼやっとした理解のままで放置しているからなのでした。

日本語で話していても「あれをこうして」みたいな表現が増えてきたので、脳トレも兼ねてきちんとクイックレスポンスできるように訓練しなくちゃなと思っています。

それが終わったら、こちらに取り掛かろうかな。
このトレーニングブックもなかなか進みません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする